• 2016/07/07 5th minialbum

    『僕は持て余した大きなそれを、』

    1. 01.早春
    2. 02.風
    3. 03.ニューグランドカプセルルーム
    4. 04.ホテル稲穂
    5. 05.鳴るは風鈴
    6. 06.ルノアール
    7. 07.歌子ちゃん
    8. 08.カム・バック
    すべてが、いつまでもそこにあるとは限らない現実のなかで、僕達はいつでも世界に放り出されながら拠り所を探している。
    『僕は持て余した大きなそれを、』には、やるせなさと優しさが混在していて、いつまでも聴いていたくなる。
    喪失と共に、欠落と共に生きていく覚悟が見せてくれる風景があって、その風景に救われる人がいる。
    僕も、そんな風景を心の支えにしている一人です。
    誰かが、持て余した大きなそれは、たとえば、何かに取り残された、その誰か自身なのかもしれません。
    又吉直樹(ピース)
  • 2016/07/07 4th minialbum

    『ニュータウン』

    1. 01.ニュータウン
    2. 02.ファミリィレストラン
    3. 03.チョコレット
    4. 04.トロワ・シャンブル
    5. 05.木洩れ日拾い
    「弾き語り」と、
    こういう歌のことを言うんだろうなあと思った。
    世田谷ピンポンズの歌の真面目なところが好きだ。
    あんまり真面目で一所懸命なので笑ってしまう。
    笑って聴いてるうちに哀しくなってくる。
    そういう作戦なんだろうけど、また聴いてしまう。
    気をつけたほうがいいと思う。
    山川直人
  • 2014/08/06 3rd minialbum

    『紅い花』

    1. 01.庭
    2. 02.紅い花
    3. 03.喫茶ボンボン
    4. 04.雨乞いの歌
    5. 05.鴨川慕情
    6. 06.じゃっくすの夢
    7. 07.どれみの街
    8. 08.デート
    9. 09.ターミナル駅
    10. 10.わが町
    生きていると、夢が出来たり、好きな人が出来たりする。そのような、人生を彩る様々な要素は同時に自分を苦しめる刃にもなる。
    理想を実現出来ない苦しみ。実現出来ても継続する苦しみ。そして、それを失った時の苦しみ。失望、挫折、幻滅、虚脱、消沈、絶望…、救いようのない感情を表現する言葉は挙げだすと切りがない。
    それに比べて「希望」に類する言葉は数が少ない。どうした? と思う。僕は下北沢のディスクユニオンで、世田谷ピンポンズさんのCDを自力で見つけた。
    アルバムに『都会、なんて夢ばかり』という文字が書いてあった。「あっ」と思った。
    諦観している人間ならば、わざわざ目立つ所にそんな言葉を置いたりしない。
    煩悶している、だが決して諦めていない人間の言葉だと思った。
    この人は、恐らく僕のことを馬鹿にしたりしないだろうと思った。購入してすぐに聴いた。
    僕を諭すわけでも、叱るわけでもなく、寄り添わせてくれる詩とメロディーだった。
    それから、僕は世田谷ピンポンズさんのファンになった。
    そして、今作『紅い花』。本当に素晴らしい。
    今まで通り、僕達を見放さず静かに寄り添わせてくれる。そして、ここに並んだ曲達は我々の生活と並走しながら、日々の些細な喜びや、人生における平凡であることの尊さを思い出させてくれる。
    そういえば、珈琲は美味しかったし、春の訪れは心も軽やかになる。
    そして、夜景の灯りは命の数だ。自分と同じように生きている人がいたことを思い出す。
    「女々しい思い出なんて消ゴムのカスみたいに そこらの埃と一緒に飛ばしてしまいなさい」という激しい言葉は泣くように唄ってくれる。
    聴く者と共に泣いてくれるかのように唄ってくれる。よし、わかった。自分も生きようと思う。
    アルバム『紅い花』を聴いていると、現実逃避では無く、人生の苦しみも哀愁も愛でることが出来そうな気がする。
    自分のような人間でも、「美しく生きていきたいな」と思わせてくれる。
    世田谷ピンポンズさん、素晴らしい音楽を、ありがとうございます。
    又吉直樹(ピース)
  • 2013/05/25 2nd minialbum

    『天井の染みを数えている間に』

    1. 01.シティポップ
    2. 02.部屋
    3. 03.南の国から来た女の子
    4. 04.ホテルリバーサイド
    5. 05.名画座
    6. 06.グッドバイ
    7. 07.天井の染みを数えている間に
  • 2012/08/06 1st album

    『H荘の青春』

    1. 01.春
    2. 02.パラダイスキス
    3. 03.カレーライス
    4. 04.吉祥寺II
    5. 05.みゆきちゃん
    6. 06.グッドモーニング
    7. 07.ラヴホテル
    8. 08.オレンジジュース
    9. 09.マイリトル東京
    10. 10.街の灯
    11. 11.H荘の青春
    12. +ボーナストラック
    「忙しくてまだ聴いていないんだけど、なんだかんだで、この先も聴かないような気がするんだけど、
    君のやることがおもしろくないわけがない。」
    竹原ピストル
  • 2015/01/21 2nd single

    『アナタが綴る世界』

    1. 01.自転車を漕いだ秋(詩 野原チャリンコ(又吉直樹)/ 曲 世田谷ピンポンズ)
    2. 02.アナタが綴る世界(詩 武内貢(又吉直樹)/ 曲 世田谷ピンポンズ)
  • 2013/12/13 1st single

    『スノウライトヨコハマ』

    1. 01.ターミナル駅
    2. 02.ラヴホテルⅡ
    3. 03.スノウライトヨコハマ