• 2022/05/14
    お知らせ

    些末事研究 第七号に世田谷ピンポンズがエッセイを寄稿しています。

    『些末事研究 第七号』 特集 「場所と私 -私のテンポ-」

    ———————————–
    「ノラ商売」 藤井基二
    「実家の窓から見える景色」 世田谷ピンポンズ
    「日々おなじ場所から」 中村勇亮
    「春の憂鬱」 塚田眞周博
    「車の免許をとった猫」 サイトウマド
    「猫のリズム、人のリズム」 蓑田沙希
    「弔いについて」 扉野良人
    「悲しさそのもの」 齋藤祐平
    「本とインターネットと場所が近づいてくる。」 山下陽光
    ———————————–
    座談
    『場所と私 -都会のテンポ、地方のテンポ、私のテンポ- 』
    荻原魚雷 南陀楼綾繁 福田賢治

    些末事研究HP

    品品堂通販
  • 2022/04/26
    メディア

    4月27日発売の『世田谷ライフmagazine 創刊20周年記念特大号』に世田谷ピンポンズがエッセイを寄稿しています。



    世田谷ライフmagazine No.81 2022年6月号「ベスト・オブ世田谷 創刊20周年永久保存版」

    本誌内「世田谷をめぐる10のはなし」に世田谷ピンポンズが「茶沢通りの大きな木」というエッセイを寄稿しています
    他執筆者 吉田篤弘、しまおまほ、小林孝行、植本一子、曾我部恵一、曽根雅典、ワクサカソウヘイ、和氣正幸、じろまるいずみ
  • 2022/04/12
    リリース

    5月1日に二年ぶりの新譜『S・N・S・N・S』をデジタルリリースします。



    ◎新譜情報

    『S・N・S・N・S』/世田谷ピンポンズ

    配信開始予定日:2022年05月01日
    発売元:キャッチ&リリース
    品番:SETAPON-11
    定価:¥1500
    ◎Apple musicやSpotifyなどの各種サブスクサイトにて配信予定。

    収録曲

    1.自粛
    2.SHIN KOIWA
    3.さよならを言うがいい
    4.歌手
    5.一日
    6.小さな丸いくぼみ
    7.S.N.S.N.S
    8.黄昏

    ミックス&マスタリング:井上勇司(三軒茶屋クロスロードスタジオ)
    アートワーク:waca

    コロナ禍後初のリリースとなる今作は世田谷ピンポンズの弾き語り一発録音のアルバム。一発録音ですので極力編集をせず、声のブレやギターの鳴りなどもそのままに、世田谷ピンポンズの魅力の一つである弾き語りを、まるで生のライブを聴いているような臨場感で感じられるような音源になっています。

    亡くなった歌手の先輩に別れを告げる「さよならを言うがいい」、大好きな喫茶店での一日を描いた「小さな丸いくぼみ」、「一日」や「SHIN KOIWA」など世田谷ピンポンズ作品の大きな魅力の一つである生活の中の些細な機微を丁寧に切り取った作品も健在です。
    二〇二〇年初めのコロナ禍初期から二〇二二年現在にかけて作られたこれらの楽曲は、時代の閉塞感を捉えつつも決して絶望では終わらず、微かな希望を孕んで展開していきます。
    初の配信リリースとなります。

ARCHIVE アーカイブ